婚約指輪について

婚約指輪を購入するに当たって、婚約指輪の意味からしっておくべきではないでしょうか。婚約指輪はエンゲージリングとも言われており、指輪の交換はエジプトが最初に行ったとも言われています。結婚という象形文字は○だったのです。永遠を意味するものでそれを指輪に例えたのです。古代ローマでは結婚より婚約の方が重要と考えられていました。永遠の約束である結婚の儀式が婚約であり、そのために鉄のリングを送ったのが婚約指輪の始まりと言われています。

日本では明治時代頃から、一般的に結納のときに指輪を贈るというかたちが始まったようです。ダイヤモンドの輸入が解禁になり、経済成長期には一粒のダイヤが婚約指輪の主役でした。しかし現在は一粒にこだわらずに自由に価格もあまり高くなく、おしゃれなものも人気となっています。

婚約指輪は婚約式とも言える結納のときに渡す人もいれば、最近は結納をしないカップルも増えてきたため、プロポーズのときに渡すなどさまざまです。また男性が女性に渡すものですが、男性が選んで女性に渡す場合だけでなく、女性の好みもあるので一緒に選びというカップルも増えています。せっかく高価な指輪なのだから自分の好みのものが欲しいと考える女性と、男性が心を込めて選んでくれた指輪ならそれでよいと考える女性がいるので、彼女の考え方によって購入方法は決めるといいのではないでしょうか。一番結婚前の楽しい時期なので、2人で探すのもいいかもしれません。